タイタンFXと日経平均株価(JPN225)のスプレッド

タイタンFXと日経平均株価(JPN225)のスプレッド

 

タイタンFXでは通貨だけではなく、株価指数を取引することもできます。日本の場合は日経平均株価がその株価指数となります。

 

そして、タイタンFXでは日経平均株価はJPN225という略称が与えられており、この銘柄を取引することで日経平均株価そのものをトレードすることになります。

 

JPN225についての解説のページはこちらをどうぞタイタンFXとJPN225

 

 

そして、このJPN225を最小単位取引するの時にかかるスプレッド(経費のようなもの)は80円となっています。

 

JPN225のスプレッドは右端の「80」と表示されているところです。
最小単位のロッド(購入数のこと)「0.1」で取引した場合、80円がスプレッドとして発生することになります。

 

ドル円とかユーロ円のような通貨に比べると株価指数のスプレッドは高めだね。

(タイタンFXではドル円は最小単位を取引すると1〜2円のスプレッドです)

 

でも通貨に比べると、株価指数の方が取引しやすいのかな?

 

JPN225も、レバレッジが500倍なので(レバレッジが高いほど少ない証拠金で取引できる)、少額から始めることができます。

 

通貨に比べるとスプレッドが高めですが、十分に許容範囲のスプレッドに収まっていると思います。


タイタンFXでJPN225をトレードするメリットは500倍のレバレッジが使えるという点です。これにより少ない証拠金からでも株価指数を購入できます。

 


最小単位の枚数でトレードした場合、日経平均株価が1円動くとタイタンFXでの損益は10円動くことになります。
例えば20000円の時に購入し、20050円の時に決済すると大体500円の利益となります。

 

 

ちなみにJPN225を一日保有していると、マイナススワップ(手数料みたいなもの)が発生するよ。

金額は毎日変動するから、よく確認しないといけないね。



最小単位の数量を購入していた場合→18円の手数料がかかります。
最小単位の数量を売却していた場合→19円の手数料がかかります。

 

このスワップの金額はJPN225を保有している限り、毎日加算されることになります。
例えばJPN225を売りでトレードしていて10日後に決済した場合は、大体190円のマイナス手数料が引かれることになります。

 

 

長く保有する目的では、使いにくいね。

一週間以内に手じまいするトレードが中心となるのかな?


?高いレバレッジとゼロカット制度がタイタンFXのメリット!これらをうまく使いこなそう!

タイタンFXでは口座のお金がマイナスになっても追証(借金のようなもの)が発生しません。つまりどれだけ相場が暴落しても口座入金分のリスクのみで済みます。

 

タイタンFXは海外のFX業者なので大金を入金するのはリスクがありますが、その代わりレバレッジが500倍なので、大金を入金しなくても十分にチャンスを得ることができます。

 

おさらいですが、JPN225を最小単位だけ購入した場合、日経平均が1円動くとタイタンFXの口座では10円の損益となります。

 

例えば、日経平均が15000円の時に購入して16000円の時に決済すれば、約1万円の利益になります(スプレッド・マイナススワップを考慮しない場合)。

 

ちなみに、タイタンFXで必要な証拠金の額は「日経平均株価÷500×10」で計算できるよ。(最小単位の場合)

 

相場が急落して最安値を更新した時とかがチャンスになりそうだね。もしもそこからさらに暴落しても、借金とかのリスクは無いから、日本の業者を利用するよりは安心できるね。(日本の業者の場合は追証制度があるので、借金のリスクがあることに注意しよう。)

タイタンFX公式サイトリンク

page top