タイタンFXの良いところ

タイタンFXの良いところ

Titan(タイタン)FXとは、日本国外のFX業者です。しかし、高レバレッジ(500倍が最大)とゼロカットシステム(口座のお金がマイナスになっても追証されない)というメリットのおかげで、日本人トレーダーの注目を集めています。今回はそんなタイタンFXの良いところについて書いていこうと思います。

 

 

海外の会社だけど大丈夫かな?安心できるのかな?

 

 

口コミを調べた限り、あまり悪い評判は無いみたいですね。

 

そして、このタイタンFXは、バヌアツ共和国の金融ライセンスを保有しているみたいだね。

 

そもそもバヌアツって国があるのを初めて知ったよ。一応国なんだよね?

 

確かに日本人の私たちには、あまりなじみがないかもしれませんね。

 

この国は島国なので国土が少なめなので、観光や金融サービスで外貨を得ています。タイタンFXが登録地に選んだのも、この国が金融業に対して好意的だからでしょうね〜


 

国のライセンスを得ているのなら、とりあえず信頼しても大丈夫そうだね。
タイタンFXの良いところ〜低スプレッド!

タイタンFXのブレード口座のスプレッドはかなり低めですね。このグラフがタイタンFXのブレード口座のスプレッドになります。

普段のトレード環境ではユーロドルもドル円も1〜3ポイントの間で動いています。このほかにも3.5ドル分の手数料がかかりますが、その分を合わせてもなかなかの安さだと思います。

 

スプレッドはFXをする際のコストに当たるものだから、少なければ少ないほどトレーダーに有利になるよ。

 


レバレッジが高い〜最大500倍

日本国内のFX業者ではレバレッジが25倍に制限されています。タイタンFXではレバレッジが500倍となっており、資金効率において勝ります。またロスカット水準も証拠金維持率が20パーセントにならない限りポジションが解消されないので、その分ぎりぎりまで粘ることができます。

 

 

ロスカットされると、すべてのポジションがその時の価格で決済されてしまうので、損失を出してしまいます。
日本語で対応してくれる

海外業者ではありますが、きちんと日本語でのサポート体制があるので、英語が出来ないという人でも大丈夫です。
下の画像は私が新規に口座を作る際に書類が不備があったよ〜というメールですが、きちんと日本語で書いてあるので心配しなくて済みました。

日本語での対応なので分かりやすいですね。ちなみにこの時の不備は3か月以内に発行された書類で無かったことが原因でした。

 

健康保険証を提出したんだけど、保険証の発行日から4か月になってしまったんだ。

だから、こうしたメールが送られてきたんだ〜


デビットカードに対応している

デビットカードに対応しているので、スムーズに入金できました。デビットカードは自分が入金した分しか利用できないので、資金管理が容易にできるという点で優れていますね。これがキャッシュ機能の付いたカードだと、FXで負けたときに自分をコントロールできなくなって、借金してまでFXをしてしまうリスクがあります。

 

 

デビットカードなら、自分が入金した以上のお金は動かせないから、盗難リスクとかに強いよ。
ゼロカットしてくれる

FXでは予想外の損失を被る可能性も否定できません。特に○○ショックと呼ばれるような急な相場の変化は危険です。国内業者の場合、ロスカットの執行のタイミングが悪い場合は、追証と呼ばれる借金が発生してしまいます。タイタンFXでは、追証が発生しないという点において国内業者よりも安全性があります。

 

 

入金分以上に払う必要が出てくるのは怖いから、国内業者はあまり使いたくないですね〜

 

10万までの投資金ならタイタンFXを使うので問題ないと思います。むしろ、レバレッジを考えれば、10万円でも十分すぎると考えられます。後は手法とメンタルの部分の問題になってくるのです。

タイタンFX公式サイトリンク

page top