ゼロカットとハイレバレッジ

ゼロカットとハイレバレッジ

海外FXでは高いレバレッジをかけることが出来ます。口座資金が少額でも、レバレッジが高ければ手持ちの資金の数百倍の取引が可能になります。
つまり、レバレッジが高いほどFXにおいては資金効率が良くなるでしょう。小さな元手から、大きな利益を狙えるのは魅力的ですね。

 

相場を見極めることができる人は、短期間の間に大きな利益を手にしているよ。

 

もちろん、低レバレッジで手堅くFXで稼ぐ人もいるよ。
このページでは、高いレバレッジで大きな利益を狙うページにするね。


高いレバレッジを使いこなす〜どの業者を使うのか?

高いレバレッジとは、最大レバレッジが400倍以上の業者と私は考えています。そしてそのレバレッジを使いこなすためには、必ずその業者がゼロカット制度を取り入れているところにしなければいけません。

 

ゼロカットとは、もしも口座の資金がなんらかの理由でマイナスになったとしても、口座入金分以上の損失がでないことを示します。

 

FXって、口座に入れた分だけお金がかかるんじゃないの?

 

レバレッジが1倍なら、問題ないよ。

1倍の時は最悪でも、口座入金分の損失だけで済むよ。

 

もしも、レバレッジが1倍を超えていると手持ちの資金よりも多くのお金を動かしていることになるから、相場が大暴落した時は、口座がマイナスになるリスクが出てくるね。

 

口座がマイナスになるとどうなるの?

 

業者の人にマイナス分のお金を払わないといけないよ。

レバレッジが高いほど、口座がマイナスになる確率が上がる

レバレッジが1倍の場合と、レバレッジが500倍の場合とではリスクがけた違いに違います。
レバレッジが1倍の場合は、どんなに相場が暴落しても口座がマイナスになることはありません。最悪の場合でも、口座のお金がすっからかんになるだけです。

 

しかし、レバレッジが500倍の場合では口座入金分の数百倍のお金を動かしていることになるので、もしも相場が暴落したら口座入金分を大幅に超える損失がでます。

 

レバレッジが高い=リスクも高いということになるよ。
ロスカットを過信してはいけない

ロスカットとは、投資家が口座入金分以上に損しないために設けられた損切りラインのことです。
これによって、口座がマイナスになる前に強制的に取引が打ち切られます。しかし、相場が急変した時などは、うまく決済できない可能性があります。

 

ゼロカット制度があれば安心

そこで、FX業者を選ぶ際はゼロカットありの業者を選びましょう。これで口座がマイナスになる心配はなくなります。
どんな事態になっても口座入金分のみの支払いで済むからです。

 

 

ゼロカットされれば、すべての心配がなくなります。

タイタンFXではゼロカットありなので、安心ですね。


ハイレバレッジの入金額

ハイレバレッジで取引するのなら、入金額を控えめにした方が良いでしょう。例えば、タイタンFXでは最低入金額が2万円になっているので、2万までの入金にした方が賢明です。

 

 

FXにおいては、レバレッジが高いほど負けやすいです。

そのため、あまりにも一度の入金額が大きすぎると、一度の失敗ですべてを失うので危険です。

ハイレバレッジと相場

相場があまり動かない時間帯では、勝負しない方が良いでしょう。
できれば大きな動きが期待できる20時以降の時間帯から、FXの取引を始めると良いでしょう。

 

ハイレバレッジで取引の場合は、短い時間でたくさんの取引を行うことになるよ。

相場が上下に激しく動いている時がチャンスだね。

投資というよりも楽しむことを意識する

ハイレバレッジである以上、すべてを失う可能性があります。つまり、投資としてのFXというよりは娯楽としてのFXという風に考えると良いと思います。

 

 

ハイレバレッジな取引そのものを楽しむという感じだね。

 

お金は増えればラッキーぐらいに考えた方が、精神的にいいね。


タイタンFX公式サイトリンク

page top