タイタンFXと原油

タイタンFXと原油

タイタンFXではドル円やユーロドルなどの為替以外にも、株やゴールドそして原油といった商品をトレードすることができます。

 

タイタンFXでトレードできる原油にはUSO/USD(旧XTI/USD)とUKO/USD(旧XBR/USD)という二つの原油市場があり、好きな方で売り買いの取引が可能です。

 

そしてそのどちらも基本的にはレバレッジが500倍なので(2020年にはコロナショックにより、原油市場が不安定化し一時的に最大レバレッジが制限されました。2020年6月では最大レバレッジは100倍となっています。)比較的少額からでも原油市場に参加することができるでしょう。

 

2020年6月末より、取引できる原油ペアはUSO/USDとUKO/USDの組み合わせに変更されます。
タイタンFXと原油〜そもそも原油とは何?

 

タイタンFXでは通常のドル円などの通貨以外にも、原油のトレードもできるようになっています。

 

そして原油トレードも500倍のレバレッジ(レバレッジが高いほど、トレードに必要な証拠金を低くすることができ、少額からでも原油市場に参加しやすくなります。)を利用することができます。

 

そもそも原油って何のことなの?あんまり聞かない言葉だと思うんだけど・・・

 

原油とは地下からくみ出した石油のことを指します。

そのため原油のままでは使いづらいので、いろいろと加工してガソリンや灯油を生み出します。

 

原油を加工することでいろんな商品を生み出せるんだね。

ということは、いろんなものに使えるんだから、安い時に買って高くなったら売ればいいのかな?

 

もちろん安いときに買って高いときに売るのもいいですし、その反対に原油が高いときに売って安いときに買い戻すこともできますよ。

ガソリンや灯油などの大元である原油は、私たちの生活に欠かせません。その意味では、ドル円やユーロドルといった通貨に比べて感覚的に高い安いが分かりやすいのかもしれません。

 

タイタンFXで取引できる原油の種類

タイタンFXでは2つの原油ペアからトレードをすることができます。
USO/USD(旧XTI/USD)という組み合わせでは、アメリカの市場を中心とした原油ペアになります。

 

USO/USD(旧XTI/USD)のペアでは、アメリカの南部(テキサス州やニューメキシコ)でとれる原油のトレードを行うことになります。

そのため、主要な消費地たるアメリカの経済動向や気象動向に左右されることになります。

 

USO/USDでトレードする際には、アメリカのニュースをよく見る必要があるね。

 

また、アメリカの南部なので、ハリケーン(台風のように風と雨がひどい)の影響を受けることがあるので、気象情報にも目を通した方が良いかもしれませんね。

もう一つの組み合わせであるUKO/USD(旧XBR/USD)はイギリスの北海油田でとれる原油についてトレードする組み合わせになります。

 

UKO/USDは世界的な原油価格の中心になってくる重要な商品になります。

そのため流動性が高くなる傾向が強いです。

 

投機的なトレードと実需からくるトレードの両面に注意が必要ですね。

 

UKO/USD(旧XBR/USD)の方がメジャーなのかもしれないね。

トレードには流動性が大切だから、普段はUKO/USDのペアを中心にトレードすることになるのかな?

どちらにしても、地政学的なリスク(中東の戦争や政治不安)の影響などにより、原油価格が急変動することもあるので、国際ニュースに注目する必要があります。

 

どっちを取引したらいいか分からない場合はUKO/USDのペアで取引すると良いでしょう。

 

タイタンFXの原油取引条件!

 

タイタンFXの原油の取引環境ですが

1 レバレッジは500倍(例外もあります)
2 原油の買い・売りの両方ができます
3 トレードを持ち越すと、スワップが掛かります


 

レバレッジは常に500倍じゃないの?例外があるの?

 

原油市場が混乱した場合には、最大レバレッジが制限されることもあります。

2020年のコロナショックによる原油価格暴落の際には、レバレッジが10倍までに制限されました。


 

2020年のコロナショックでは原油価格の急落により、市場が大混乱に陥りました。
そのためタイタンFXにおいても最大レバレッジを制限する処置が行われました。

 

 

ちなみにトレードを持ち越す(買いや売りの決済をすぐにせずに一日が終わった場合)とどうなるの?

 

その時のスワップ付与条件によってお金がもらえたり取られたりします。


この日は買いも売りもマイナススワップとなっています。
この数値がマイナスだと一日ごとに手数料としてお金が掛かります。

 

基本的には売りや買いをして決済せずに一日経つと、お金が掛かると考えた方が良いです。

そのため、原油を取引して決済せずにずっと放置しておくとお金が溶けていくので注意しましょう。


スワップは毎日数値が変わるので、こまめに確認しておきましょう。

 

 

タイタンFXではもしもトレードに失敗してもゼロカット制度があるので、入金分のみのリスクで済みます。

 

原油価格は急変動すること(戦争・テロ・異常気象)があるので、このようなゼロカット制度がある業者を選んだ方が、気持ちが楽になりますね。

 


原油取引のお知らせ!USO/USDとUKO/USDについて

2020年のコロナショックは原油市場に大混乱を引き起こしました。
一時的とはいえ原油先物の価格が史上初めてマイナスとなり、原油タンカーが行先なくさまよう状況となりました。

 

今までのタイタンFXの取引システムでは原油価格がマイナスに対応できていませんでしたが、USO/USDとUKO/USDという新しい原油商品を開発したことにより、今までよりも安心して原油取引ができるようになりました。

 

 

新しい原油商品では、既存の原油CFD商品に100ドルの補正価格を上乗せすることで、原油価格がマイナスということにならないように調整されました。 

 

例えば原油市場が30ドルなら、タイタンFXでは130ドルという価格になります。
そして、原油市場がマイナス10ドルという状況になっても、タイタンFXでは90ドルとなります。

 

よく分からないけど、それって何かメリットがあるの?

 

つまり、今までよりも安全に原油トレードが出来るようになったということになります。

もしも今後原油価格がマイナスになったとしても、タイタンFXではシステム上の混乱が起きないということですね。


 

投資家保護になる変更ということなんだね。

これで安心して原油トレードが始められるよ!

タイタンFX公式サイトリンク

page top