安全資産の金はなぜ下がるのか?

安全資産の金はなぜ下がるのか?

安全資産の金は有事の際には上がると言われてきました。しかし2020年のコロナショックでは、必ずしも有事が発生したからと言って金が買われるわけではないという現実も見えてきました。

 

金は安全資産ではなくなってしまったのでしょうか?

 

広がる危機と金価格下落

 

コロナショックで世界はパニックなのに、金(XAUUSD)のペアが暴落していくよ〜

 

投資の教科書には「有事の際は安全資産の金が買われます」って書いてあったのに!


 

う〜ん金価格がドンドン下がるね・・・

おかしいな?世界がコロナショックで大揺れだから、金価格は右肩上がりになると思ったんだけど・・・


 

今までの金の動きを振り返ると、中東情勢ひっ迫→金上昇→コロナウイルス拡大→金上昇→コロナウイルス世界に拡散→「金価格下落」になっているね。


2020年前半の金(XAUUSD)の価格チャートです。
年初めには中東情勢の緊張が高まったことを受けて、金価格が急上昇しました。
その後コロナパニックの始まりを受けて、金価格は上昇を続けていましたが・・・

 

金価格の流れが変わったのは、「世界同時株安」が始まったタイミングと重なりますね。

 

なぜ金が下がり始めたのかについては諸説あると思いますが、パニックの発生により大きな株安が起きたことにより、投資家の手持ちの現金が不足してしまい、手持ちの金を売って現金を確保しようとする流れが出たようです。


 

株と違って金は危機が発生している時が高い値段になるね。

 

手持ちの値段が高い金を売る→株を安値で買い直すって動きが出ているのかな?


 

安値で買い直すというよりは、株を手放さないようにするという気持ちなのかもしれません。

 

今のところは、株価下落→手持ちの現金が不安→手持ちの金を売り現金を確保という流れが出ており、この流れが強いので、金の価格は下がってしまようです。

危機が起きてから金を買うと、高値掴みの可能性が高い

 

ニュースになってから行動しても間に合わないということですね。

 

金を買うのなら危機が起きる前に、買わないと利益が出せないように思えます。



危機発生前に比べて、ひとたび危機が発生すると金価格は急上昇します。
しかし、タイミング次第では突然の急落により思わぬ損害を被ることも予想されます。

 

 

金相場は情報戦の影響が大きいね。

パニックを引き起こす原因に対する対抗策が出てくると、金相場は敏感に反応するね。

 

こんな乱高下する相場で利益を出すのはとても難しいから、今は金を無理して取引しない方が良いかも?

 

相場が騒がしい時は休むという選択肢もありますね。

 

金(XAUUSD)のペアがもう少し落ち着きを取り戻してから、取引を再開しましょう。


 

ゆったりとした値動き方が落ち着いてトレードが出来て、精神的にも楽になりますよ〜

ちなみに、今回のXAUUSDのチャートはタイタンFXの価格データーになります。
そのため、ローソク足の動きなどが他のFX業者の物と異なる可能性もあります。

タイタンFX公式サイトリンク

page top