RSIの使い方

RSIの使い方

FXにおいて、適当に通貨が上がるか下がるかを考えていても利益を出すことは難しいでしょう。単純に考えれば上がるか下がるかしかないので、適当に取引しても50パーセントの確立で勝てそうなものですが、FXの世界では手数料というものが存在している以上、何も考えずに取引した場合の勝率は50パーセント以下になってしまうのです。

 

では、私たちは何を基準に取引をしたらいいのでしょうか?ここではRSIという道具を使い、最適な取引ポイントを探っていきたいと思います。

 

 

おかしい・・・ 上がると思ったのに・・・

 

よし!今度は下がりそうだから売りをしてみるぞ!

 

・・・やっぱり負けだ、どうしたらFXで勝てるんだろう?

 

適当に売り買いしていると、損ばかり膨れ上がることになるよ。

 

きちんと自分が扱う通貨のことを調べて、分析しないと利益にならないよ!

 

正直なところ、政治についても経済についてもよく分からないよ〜

 

簡単に取引するタイミングが分かればいいのにな〜

 

じゃあ、どのタイミングで売り買いをしたらいいのかが数値で分かる「RSI」を利用してみましょう。

 

RSI?あんまりよく分からない〜くわしく教えて!
RSIは、相対力指数とも呼ばれ、一定期間における価格の変動幅を数値化したものです。買われすぎ、売られすぎが数値で表されています。

RSIはFXの世界においては有名な計算法です。大抵のFX用のツールの中にこのRSIが組み込まれていることからも、多くの人に愛されている計算法といえるでしょう。

 

計算法などについては、自分で電卓を使用しなくても自動的に行ってくれるので、このRSIをどのように使用すればいいのかについて説明しようと思います。

 


MT4(FXの取引をする際に使用するもの)の中にはあらかじめRSIの計算を自動的にしてくれる機能が備わっているので、早速使用してみます。
ちなみにRSIの英語の綴りは「Relative Strength Index」となります。

 


RSIは基本的な使い方としては、RSIの数値が「70」を超えたら「売り」「30」を下回ったら「買い」と考えていいと思います。
この画像の赤丸を付けたところはRSIの値が79となっています。そしてここを頂点として価格が下がっていきました。

 

ポイントとしてはすぐに判断しないというところにあります。RSIの値が70を超えたからと慌てて売りの取引をすると、そこから価格が伸びていってしまい、思わぬ大損をしてしまいます。そこで、確実に通貨が下落していることを確認するために、70を超えた後の70を下回ったタイミングで売りに入ると良いでしょう。

 

赤丸を付けたところの動きとして、いったんRSIの数値が70を大きく超え79まで拡大しました。そしてそこを頂点として数値が下がり始めています。この頂点からの下がりの数値が70を下回ったら、「売り」を行いましょう。

 

 

RSIの数値が70を超えてきたら心の準備を始めて、70を下回った瞬間に「売り」の取引をすればいいのです。

 

 

なんだ〜簡単だね!

 

数字だけ見ていればいいんだ!

 

必ずしも毎回この方法が成功するわけではないから、もし「失敗した」と思ったら損切りした方がいいね。

 

前は損切りしなくてもいいって言ってなかった?

 

ここでは通貨の長期的な分析とか全く考慮に入れていないでしょ?

 

だから、損切りが必要になるの。

 

損切りを考えなくても良いのは、長期的な視点でその通貨を取引した時だけだよ。

 

長期的な分析を考慮しない場合は損切りのタイミングに注意すること

 

赤丸を付けたところで売りで入ったものの、相場が思ったほど下がらずその後上昇してしまうことがあります。
こうしたパターンも予想されるので、損切りを考慮する必要があります。

 

 

私だったら再び70を超えたところで損切りするかな〜

 

この後一度だけ下がっているように見えるけど、自分の想定と違う動きをしたらそこが損切りのポイントだね。

 

RSIが30を下回った時の取引方法


一度RSIの数値が30を割り込んだ後、再び30を超えたところで「買い」を行います。
数値が30を下回ったら心の準備を始め、30を再び超えてきたら取引を行いましょう。

 

 

注意のポイントは先ほどと同じく

@予想と違った動きをしたら、損切りを行う
A30を下回ったからと、あわてて買いを入れないこと

RSIを活用することで、最適な取引ポイントを見つけやすくなりました。この画像では1時間足を使用していますが、これよりも短い時間ですと「ダマシ」という現象により、うまくいかない可能性があります。FXにおいては少なくとも1時間足以上の時間足を活用した方が、勝率が良くなるでしょう。

タイタンFX公式サイトリンク

page top