FX体験記:1か月の成果

FX体験記:一週間目の成果

FXって何?というレベルの人間が取引するとどうなるのかを検証してみました。初期投資額は10万円として、大体毎日1時間ほどのトレードを繰り替えしてみました。初めてのトレードで難しいと感じたのはやはりどのタイミングが買い時で、どのタイミングが売り時なのかが全く予測できないということです。

 

自分なりには底値のつもりで購入してもそこから大きく値下がりしたり、ここが価格の上限だから通貨を売ってみよう!と売りから入ったとたん大きく値上がりして、大損したりと散々でした。あと初めは全く意識していなかったのですが、意外に手数料が大きなプレッシャーをかけてきます。なぜなら、最初に買いを入れたり売りをした時には、手数料分のマイナスがトレード画面に表示されるのです。例えば「ここが買い時だ!ドルを買っちゃえ!」とドルを購入するのですが、手数料分が引かれた状態で画面に表示されるので、大抵はマイナススタートから始まるのです。

 

これが意外に心臓に悪く、「本当に上がるのかな?このままマイナスになったらどうしよう!」と不安に心が支配され、一刻も早くこのマイナス状態を解消したいという気持ちに支配されてしまいました。そして、その心の不安定さがトレードにも現れてきて、せっかく目論見通りに通貨が上昇しているのに、利益を確定したくなったり、反対にマイナス額が大きく増えてきたときは「ここで損切したら大損だ・・・もう少し様子を見てみよう」という気持ちに支配されてしまい大きな損失が出たりしました。

 

始めの内は大きな金額を動かさず、自分のメンタルの動きに注目した方がいいと思います。

もともと私は小心者なところがあり、目の前の通貨の動きに完全に舞い上がってしまい自分をコントロールできなくなりがちでした。マイナス額が増えるたびに心のドキドキを抑えるのに苦労したり、利益が出てくると「これ以上あがらないのではないか?早めに売ってしまおう」という気持ち負けてしまいがちでした。

 

その結果いわゆる「利小損大」の状態に陥ってしまいました。つまり利益は少なくなりがちで、損は大きくなりがちな精神状態になってしまったのです。こうならないようにするためには、「自分の中にトレード基準、ルール」が必要になってきます。←でも正直、自分のルールに従うのが難しかったりします。

 

1/9から1/18までの成果を振り返る

初心者の私がトレードした結果を振り返って見ようと思います。

このグラフを見てもらうと分かると思いますが、初期投資した10万円を割り込んでいます(つまり赤字です・・・)。グラフは縦軸にお金の推移、横軸にトレード回数となっています。初めてのトレードがマイナスから始まり、20回目のトレードまでは順調に赤字です('ω')ノ

 

 

しかし、21回目のトレード以降から今度は徐々に利益が出てきています。やはり回数をこなすことが大切だということが分かってきました。現段階では、マイナス16961円となっています( ;∀;)
Expected payoffと書いてあるところがありますが、これは一回当たりに期待できる利益の額を表しているそうですが、「-471」となっているので、私が一回トレードすると、毎回471円消えていくことになります。

 

また、一回当たりの最大の利益(Profit Trade)のところを見ると、5451円となっています。つまり、一回の取引で5000円以上儲けたことがあるということになります(そんな利益出た記憶が無いけど(/・ω・)/)。一回当たりの最大の赤字額(LossTrade)を見てみると、最大で-5977円の赤字を出したことがあるようです。そして、黒字の平均は1691円であり、赤字の平均は-3499円となっています。

 

ここから分かることは、一回の赤字を取り戻すためには私の場合2回以上勝たないとダメということになります。今のままのトレードでは3回中2回の勝ちを拾わないと、口座のお金が少なくなってしまうことになってしまいます。

 

初心者ということもあり、マイナススタートとなってしまいました。今後も定期的にトレードの復歴を載せていき、皆さんの今後の参考になれるように努力していこうと思います。

タイタンFX公式サイトリンク

page top