コロナショックとタイタンFX

コロナショックとタイタンFX

2020年のコロナショックは世界経済に多大な影響を与えました。FX業界においても相場の急変動や国境閉鎖の影響が発生し、流動性が低下したりスプレッド(取引の際に発生する手数料)が拡大するという影響がでました。

 

タイタンFXにおいても平時の場合に比べて、スプレッドが大幅に拡大したため取引に支障が出るケースもありました。

 

コロナショックの影響とタイタンFX

 

タイタンFXは普段はスプレッドが小さくて取引しやすいよ。

でも、コロナショックではさすがにスプレッドが広がったね。


普段のタイタンFXのスプレッドの状況

 


通常時の場合はドル円で1〜3ポイント、ユーロドルも1〜3ポイントくらいで推移しています。
それ以外の通貨もおおむねスプレッドが狭い状況でした(タイタンFXのブレード口座の画像です。このほかに手数料がかかります)。

 

次はコロナショックの際のスプレッド状況です。

 


コロナショックの際のスプレッドはドル円で9〜30ポイント、ユーロドルで6〜10ポイントとなりました。
全体的に普段に比べて倍近くまでスプレッドが拡大していました。

 

さらにXAUUSD(金とドルのペア)では、普段のスプレッドに比べると10倍近く差が出ていました。

1ポイントあたり1円のコストと考えると、なかなか影響が大きいですね。


 

他の業者でもスプレッドが拡大しているから、タイタンFXだけの問題じゃないみたいだね。

 

国境が閉鎖されたり移動が制限されると、大口の投資家やファンドも動きようが無いみたいですね。

そのため、FX市場でトレードする人が減少し流動性が低下して、スプレッドが広がっているみたいです。


 

大きく値動きしているからチャンス!というわけではないんだね。

むしろ世界が混乱している時は、無理せず様子見した方が安全だね。


本当の危機が発生すると、トレードがしにくい状況となる。また市場参加者が少ないと、相場が急変動して思わぬ損失を被る可能性がある。

 

このように相場が激しく動いている時は、リスクをコントロールするためにも、両建てした方が安定すると思います。

例えばドル円を買いたいときは、売りも同時行うことでリスクを軽減できます。


両建てはコストが増大したり取引が複雑になりますが、○○ショックのような不安定な相場では、突然の急落急騰が発生するので、損切りが難しいです。

 

そのため、あらかじめ両建てすることでリスクを軽減を図ることができます。

 

損切りをあらかじめ設定しておけばいいんじゃない?と思われるかもしれませんが、このようなショックが発生している時は相場が上下に乱高下するので、損切りを設定していると損失だけが増えていくので注意が必要です。


 

最後に、○○ショックという状況では、無理をしてトレードする必要はありません。

相場が安定するまで休むのも大切です。

 

タイタンFXではゼロカット制度によって、入金分のリスクのみでトレードできますが、無理をして口座を溶かしてしまうのはもったいないです。無理をしないことがFXの世界で生き残るために必要なのです。

タイタンFX公式サイトリンク

page top