タイタンFXと追証

タイタンFXと追証

国内業者を利用する場合には追証によるリスク(借金のこと)に注意しなければいけません。最も普段のトレードにおいて追証が発生したからと言って大きな問題になるわけでもありません。国内業者の場合、顧客が大きな損失を出さないよう強制的にポジションを決済するシステムがあるため、基本的には問題になるほどのことは起こらないでしょう。

 

問題は普段と違う大きな事件や経済の出来事が起こった場合です。相場が突然の急変動した場合には、国内業者のシステムでは対応できないことがあり、顧客の予想よりも不利なレートで決済されてしまう可能性があります(例として、フラッシュクラッシュ・スイスフランショック・イギリスEU離脱問題など)。

 

結果として国内業者を利用していた場合は、大きな借金を背負うリスクが発生します。これが追証によるリスクと言えるでしょう。
しかし、タイタンFXを利用すれば少なくとも追証による借金のリスクからは解放されることになります。

 

国内業者は安心できそうだけど・・・

 

海外って怖いな〜 日本の業者の方が何となく安心できそうだな〜

口座開設ボーナスもあるし、日本のFX業者を利用した方がいいのかな?

 


 

日本の業者ってだけで安心できそうだしね〜

それにキャッシュバックとかでお金ももらえるし、日本のFX業者で口座を開設しましょう

 

でも、日本の業者ですと追証のリスクがありますよ。

ほら、公式サイトのページのところにも、「マーケットが急変動した場合、証拠金を上回る損失が発生することがあります」って書いてありますよ。


 

そもそも「追証」ってどんな意味があるの?

 

追証は「追加証拠金」の略になります。証拠金とは、FX取引に必要なお金のことです。

どれだけの取引が出来るかは、最大レバレッジによって変動します。

 

一円も持っていない人が取引しだしたら、業者も困るわね。

だから、証拠金という形で事前にお金を入金できる人だけ、FXが出来るようにしているのね。


 

この証拠金の維持率(今の取引通貨の額と、証拠金の割合)が業者の決めているラインを下回ると、追証が発生します。

 

追証が発生した場合、取引の継続をするためには追加の資金投入が必要になります。

 

もしも、追証が払えないとロスカット(投資家を保護するため、取引を強制的に打ち切る)が発動されて、すべての取引が決済されます。

 

じゃあ追証が発生しても借金にならなんじゃないの?

ロスカットされれば、損失は出ても借金にならないんじゃない?


 

確かにそうね・・・

ロスカットによって強制的に決済してくれれば、口座がマイナスにはならないような気がするね。

 

確かに、ほとんどの場合では問題はないのですが、何らかの理由で相場が大崩壊した場合にはロスカットも働かず、大きなマイナス決済されてしまうことがあるのです。

数年に一度の相場崩壊


2019年は年明けとともにドル円が暴落しました。1月3日早朝の出来事は一部の投資家にとって大きな打撃となりました。
このような事態になった場合ロスカットによる投資家保護がうまく行かない場合があります。そして一番不利な状態で決済されてしまい、想像を超える損失が出てしまうことが国内業者ではあります。

 

 

FXはゼロサムゲームな側面があります。

例えばドルを買いたいと思った場合、ドルを売りたいと思う第三者が居ないと私たちはドルを手に入れることができません。

 

そして、このようなフラッシュクラッシュが発生すると、取引の相手となる第三者が居ないため、思った値段で決済できず、大きな追証が発生します。

 

そして、国内業者を利用していた場合は、この追証を支払う必要があるのです。


 

それじゃあ、私が困るじゃない!

何のためのロスカットなのよ!


 

仕方ないですよ、だって業者には非が無いんですから。

それに日本のFX業者は注意書きのところに、「暴落時にはリスクが発生します」って書いてありますよ。


 

追証が大きくなりすぎると借金生活になっちゃうな・・・

安全にFXできる方法は無いのかな?


海外のFX業者を使うと、暴落のリスクから身を守れる

海外のFX業者では投資家保護の観点から「ゼロカット制度」が導入されているところがあります。
ゼロカットとは、FX取引によって発生した口座マイナス分は支払う必要がないという制度のことです。

 

タイタンFXにおいてもこのゼロカット制度があるため、もしも大暴落に巻き込まれたとしても借金を背負うことにはなりません。

 

な〜んだタイタンFXを使えば、追証に怯えなくてもいいんじゃない!

借金のリスクとか怖いから、こっちの方が安心できるね。


 

突然相場が変動することがあるから、ゼロカットのあるタイタンFXの方が安心できそうだね。

 

タイタンFXなら、ぐっすり眠っていても安心できます。

逆に国内業者を利用する際には、常に相場の急変動というリスクを頭に入れておく必要があります。


国内業者でFXをするのなら、資金には十分に余裕を持つこと。タイタンFXを利用するのなら、入金額を抑えめにして、レバレッジを効率的に活用すること。

タイタンFXはレバレッジ(これが高いほど、資金効率が良くなる。ただしリスクもある)が500倍なため、国内業者を利用する場合に比べて、少額からスタートすることができます。

 

また、追証のリスクもないので安心してトレードできる環境が用意されています。

 

海外業者だから不安という方も、タイタンFXなら日本語サポートもあるので、比較的始めやすいと思います。

日本の業者とタイタンFXどちらもリスクとメリットがあるので、よく考えて口座を開設しましょうね。


タイタンFX公式サイトリンク

page top