アメリカドルはなぜ動く?

アメリカドルはなぜ動く?

アメリカドルはなぜ動く?このページでは世界で最も影響力のあるアメリカ合衆国の通貨アメリカドルの為替変動はなぜ起こるかについてのページです。アメリカドルは国際的な信用力が高く、例えば貿易の決済などは基本的にはドルで行われるほど強い通貨です。その性質のため、世界の銀行などでも多くのアメリカドルが用意されており、その通貨の流通量は世界でも有数のレベルです。

 

FXで取引をする際にはまず米ドルの動きをしっかりとチェックした方がいいでしょう。

 

ドルって結構種類があるんだ〜 カナダドル・オーストラリアドル・ニュージーランドドルとか、でも基本的にドルって言ったらアメリカドルのことなんだ。
ドルはなぜ動く?為替変動に影響を与えるもの 上昇するときについて
?アメリカの経済指標が好調な時

経済が強いと通貨の上昇要因となります。FXにおいては基本的に2か国間の通貨の強弱によって価格が上下しますが、その強弱は経済の力強さによって変動します。例えばアメリカの経済が予想より強い場合ドルが買われます。反対に経済の状況が予想よりもはるかに悪い場合ドルが売られます。

 

経済指標が予測と結果に大きな差があるときは、わずかな時間のうちに大きく値が変動します。

 

そのため慣れないうちは、アメリカの経済指標が出てくる日は取引を控えた方がいいです。

政策金利が上がった時

アメリカの政策金利が上がると、通貨の上昇にプラスの影響を与えます。

 

金利が上がることと、通貨の上昇要因の間にどんな関係があるの?

 

例えばアメリカの金利が50パーセントで、日本の金利が0パーセントとしましょうか。

 

日本でお金を預けていても、一円も増えなくてがっかりだよね。逆にドルを買ってアメリカで預けていると、50パーセントの金利が付いてお得だね。

 

つまり100万円預けていたら、何もしなくても150万になるってことだよ。

 

何もしなくても、そんなにお金が増えるのなら円を売ってドルを買いますね〜
相場心理の影響

相場は人が作り出しています。近年ではAIによる自動取引が大きくなりつつなりますが、それらのプログラムを作るのが人間である限り、相場は人間が作り出しているのです。さらに、通貨は様々な業種の人の影響を受けています。貿易関係・観光関係・金融関係など、多種多様な業種の人の思惑が交錯し、一つの相場を作り上げているのです。

 

そういった人々の「今後はドルを買っておこう」という心理が、相場に対して影響を与えていくのです。

 

短時間に大きく動くのは、この相場心理が働くからだね。「買わなきゃ」「売らなきゃ」って焦るのは人間だからだよ。

 

 

AIはどんなに通貨が乱高下しても気にしないよ〜

通貨が下がるとき
経済指標が悪い時

アメリカの経済が悪くなるとドルは売られてしまいます。特に雇用統計の数字が予測よりかなり悪い場合は、短時間に急落します。

 

雇用統計はFXのお祭りみたいなものだね。

 

月一で発表されるのだけど、この時は通貨が大きく値動きするから一晩で大金を手にする人もいるよ。

 

でも反対に大損する可能性もあるから、慎重に取引した方がいいね。私なら雇用統計の日は様子見かな〜

 

FXのプロトレーダー向きのイベントなんだね。じゃあ、ぼくも見ているだけにするね。

 

統計が予想と大きく違う時は、相場も大きく動くから見ているだけでも面白いと思うよ。取引していなくても、グラフが乱高下する時ってどきどきしちゃうね。
政策金利が引き下げられたとき

金利が下がるときはドルも売られることが多いです。金利が下がるということは、ドルを買う必要がなくなります。

 

 

ドルの金利が0パーセントなら、ドルを売って他の金利の高い通貨を買うよ〜

相場心理の影響〜ネガティブに反応する

アメリカでテロや大災害が起こったら、投資家たちはアメリカの今後に不安を覚えドルを手放そうとするでしょう。こうした一人一人の投資家たちのリスク回避の姿勢が通貨の価格に影響を与えます。

 

 

アメリカで大きなテロが起きたことがあったけど、その時はドルが売られ円が買われたのよ。

 

テロだけじゃなく、経済的な出来事があった時も大きくドルが売られたね。

 

先行きが分からないから、そんな時はドルを持ちたくないよね。
FXにおいては、アメリカの動きから目が離せません。取引前にはまずアメリカドルの動きについて確認した方がいいですね。

 

うっかり雇用統計の日を忘れていて、危うく大損しちゃうところだったよ。

 

きちんと確認しないと危ないね〜

 

さすがにそれは忘れちゃダメでしょ。

タイタンFX公式サイトリンク

page top