FX負けパターン集

FX負けトレードを振り返る

これまでに私が体験した負けパターンを集めてみました。
負けパターンを大きく分けると、高すぎるレバレッジ・思い込みで相場を決めつけてしまうの2つです。

 

これで負ける!FX負けパターンその1:高すぎるレバレッジ

FXは上がるか下がるかの2択になります。買いにしても売りにしても、自分が望んだ方向へ相場が進めば勝ち、相場が反対に進めば負けます。

 

そして高すぎるレバレッジは、自分が望む方向へ相場が動く前に口座が破綻してしまい、お金だけを失う結果になります。

 

 

海外FXにしても、国内FXにしても高すぎるレバレッジは危険だね。

 

特にレバレッジが10倍を超えてくると、要注意だよ。


 

レバレッジが10倍を超えると、余裕がなくなるね。

 

特に相場が大きく動く傾向にある「ポンド円」だと、相場の流れに振り回されて損切ってパターンになりやすいよ。



レバレッジが10倍を超えてきて、相場の流れが自分の予測と反対に動くと、かなり厳しい展開になります。
うまく損切りをできれば傷が浅くなりますが、レバレッジが高くなるとどうしても躊躇してしまいがちです。

 

 

デモで練習していた時はレバレッジが高くても、気にならなかったけど、実際にお金を動かすようになると精神的に追い詰められるね。

 

最大レバレッジが高い海外FXを利用するにしても、できればレバレッジは4倍以内にしたいところですね。

 

例えば10万円の元手の場合、5千通貨までにした方が安定して勝ちやすい傾向にあると思います。

 

特にFXに慣れていない駆け出しの時は、レバレッジを抑えて取引したいものです。

 

FXに慣れていない頃、最大で20万通貨近く動かしたんだけど、その時は大損してしまったよ。

 

今は10万円の手持ち資金だから、5000通貨くらいまでにしているよ。

 

このくらいのレバレッジにすると、勝てるようになってきたね。


大損のトレード記録

完全な失敗トレードですね。この時は手持ちの資金が5万円だったのですが、その半分の2万5000円近くの損失を出してしまいました。

 

もっとレバレッジを低くしていれば、その後の反発によって利益が狙えた可能性がありました。

 

しかし、レバレッジが高いので、ポジションを維持できなくなってしまいました。


 

この失敗から、ロッド数を見直して低レバレッジのトレードに切り替えたよ。

 

長くポジションを持てるくらいのロッドにすると、FXにおいては勝ちやすいんだね。


現在の成績

低ロッドでこつこつを目指すようにした結果、少しづつですが口座のお金は回復してきています。
追加入金しているので、損失を取り戻すためには14500円ほど足りませんが、これからもこの調子でトレードしていく予定です。

 

負けパターンその2:思い込みに囚われる

相場に対して先入観を持ちすぎると負けてしまいがちです。
これまでは毎日のように下がり続けているから、今日も下がるだろうと思い込んでしまい負けてしまうということが起こり得ます。

 

相場に思い込みは危険

ここ毎日のように下がり続けているので、「これからも下がるだろう、反発したら売ればいい」と考えてしまいました。
その結果、相場が反対方向へ大きく進んでいるにも関わらず、「売りのチャンスだ」と考えてしまいました。

 


しかし相場は予測以上に上昇してしまい、売りで入った人の多くが損失抱える展開になりました。

 

これまでは「通貨が上がったところを売り」で簡単に利益が出せていたから、今回も「売り」でエントリーしてしまったね。

 

何とか大損害は回避できましたが、一歩間違えればFXトレードからの退場もあり得ましたね。

 

これも低レバレッジに徹していたから助かったのですが、もしもレバレッジが高かったら、ゼロカットされていた可能性が高いですね。


 

これまでは売れば利益が出たんだけどね・・・

 

相場は何が起きるかが分からないから、思い込みは禁物だね。


 

売りをしたとたんに、急上昇なんだからイヤになるね。

 

もう少し広い視野で相場を見ないといけませんね。

 

特にポンド円はイギリスの政治情勢によって、大きく上下しますから。


 

FXは「低レバレッジ」「思い込みを持たない」を意識していれば、そうそう大負けすることもないよ。

 

海外FXにしても国内FXにしてもそれは変わらないね。

 

くれぐれもやけになってトレードをしない様にしようね。

 

FXに負けたときは時に「損失を取り戻したい」という気持ちに囚われると思うけど、そうゆう時が一番危ないから要注意だよ。


タイタンFX公式サイトリンク

page top