金価格と国際情勢

金価格とタイタンFXのチャート

国際情勢が大きく不安定な動きを示した時は、金価格が大きく上昇します。
このような時は金の取引で利益を上げやすい状況となりやすいです。

 

イランとアメリカの対立で金価格が上昇

 

う〜ん、ニュースでイランとアメリカが緊張状態って言っているな〜

金価格はどうなるんだろう?チャートを見てみるか


 

赤枠で囲んだところが、そのニュースが流れていた時(2020年の1月3日)の相場の動きだよ。

こうしてみると、金の価格(タイタンFXだとXAUUSDのペア)が大きく動いているね。


 

イランとアメリカの間で大きな戦争が起きるかもと言われていた時ですね。

このような時には、金価格は大きく上昇していく傾向があります。


 

そのため、相場の流れとしては一方方向へとひたすら進んでいくことになるので、デイトレードやスキャルピングの方が、気楽にトレードできるかもしれません。


不安感が市場にある限り、金は資産の逃避先として機能します。
そのため、相場はその問題が過ぎ去るまでは上がり続ける傾向にあります。

 

あれ???

この画像のチャートだと急にドーンと相場が上がっているところがあるね。これはどうゆうことなの?


 

チャートだと1月3日から6日に日付が飛んでいますが、これはその間市場がお休みしていたとこなんですよ。

 

市場は土日はお休みなので、金曜日の取引が終わると次は月曜日からのスタートになります。


 

そして月曜日の取引開始の際に、注文が大きく入るとこのようにチャートに空白ができて、ドーンと大きく相場が動きます。

 

・・・・この間のXAUUSDで大損って記事があったんだけど

あの時損切りしていなかったら、すごい利益が出ていたんだね。


 

あの時の金の平均取得価格は1475くらいで、今は1550なのよ!

そのまま持っていたら良かったのに!!(さらに金価格のXAUUSDは上昇して1600台までいきました。)


時には損切りするよりも、長く保有したほうが有利に働くこともあります(金の場合)。

 

 

ちなみに今の僕が使用しているFX業者のタイタンFXだと、金取引したい場合3つの通貨(ドル、ユーロ、オーストラリアドル)と金の組み合わせになるよ。

 

XAUUSDはアメリカドルと金の組み合わせだよ。


特にこだわりが無ければXAUUSDのペアで良いと思います(タイタンFXの場合)。
タイタンFXで金の取引をする場合は、証拠金が少なくて済むのでその分利益を狙うチャンスがあります。

 

しかし、相場が大きく動くということはリスクも大きくなるということなので、その点には注意が必要です。

 

タイタンFXはゼロカット(追証なし)だから、もしもの時でも入金分のリスクで済むよ。

 

日本の国内業者を利用するときは、レバレッジ(自分の資金以上に資金を動かせる)を2倍以内にしないと、追証(証券会社に支払う借金みたいなもの)が大きくなるから、注意しようね。

 


金を買うとマイナススワップが掛かる

タイタンFXの場合ですと、XAUUSDのペアで金を買うとマイナススワップが発生します。

この値は日によって変動しますが、今のところタイタンFXで金を買うと一日あたり「13円」ほどコストがかかる計算になります。(値は取引できる最小単位の場合です)

 

デイトレードやスキャルピングなら、このマイナス分は発生しませんが、長くXAUUSDのペアを買いで保有するとコストがかさんでくるので、その点も見逃さないようにした方がいいです。

 

逆にタイタンFXでXAUUSDのペアを売る(つまり金を売る)と、5円つづ何もしなくてもお金が入ってくるよー

(最小単位で計算)


 

そのため、うまく最高値付近で、売りを入れることができればスワップ分と値下がり分で、二重の利益も狙えそうですね。
国際情勢が大きく不安定な時は、金取引という方法で利益を狙うと爆発的に稼ぎやすいです。

タイタンFX公式サイトリンク

page top