海外FXとハイレバレッジ

海外FXとハイレバレッジ

海外FXでは日本国内よりもはるかに高いレバレッジをかけることができます。これにより一攫千金を叶えたいと思うのは皆同じです。
しかし、FXにおいては高いレバレッジをかけるほど勝つことが難しくなっていくのです。

 

FXで安定的に稼ぐためには、むしろレバレッジを低くして損切幅を広げる必要があるのです。

ハイレバレッジの魅力と現実

 

え〜と、タイタンFXは最大レバレッジが500倍なのか〜

 

とりあえず持ち金を全部入れて様子を見てみよう。

 

そして取引になれたら、この高いレバレッジを生かしてお金持ちになるんだ〜

 

じゃあ、とりあえず5千通貨から始めてみよ〜っと。

 

わぁ〜 ひと月もしないうちに7000円近くの利益が出ましたね〜

 

この調子なら、もっと稼げそうですよ〜


 

ぼくが為替王になる日も近いね。でも、もっと稼ぎたいな〜

 

そうだ!!もっと通貨をたくさん動かそう!そうすればもっと稼げる気がする。

 

もっともっとレバレッジをかけてお金を稼ぎましょう。

 

 

レバレッジを高くするようね。大丈夫かな? 大きな損失を出さなければいいのだけど・・・
レバレッジが高い=ミスで大損失になりやすい

 

・・・大損失だね。全部でマイナス2万くらいになっちゃった。

 

稼ぐどころか大損です。レバレッジを上げすぎちゃった〜

 

このように、トレードで利益が順調に出ているからと一気にレバレッジを高くすると、大損失を出してしまいます。

 

ハイレバレッジをかけるということは、このように一度のトレードで大きな損失を出してしまうリスクがあるのです。

ハイレバレッジの落とし穴

先の損失はなぜ防げなかったのでしょうか?答えは簡単です。長く持つことが出来なかったからです。
先のグラフではユーロドルを15万通貨近く保有しています。この時の私の口座資金は5万円ほどだったので、レバレッジの限界まで取引していたことになります。

 

そして、レバレッジが限界近いということは、証拠金維持率もかなり心もとない状況になるということです。ちなみに、タイタンFXでは維持率が20パーセントを下回ると、ロスカットされてしまいます。

 

 

ロスカットされるということは、一番不利な価格で決済されるということになります。そのため、口座資金が大きく目減りしてしまい、最悪の場合は口座のお金がゼロになることもあるのです。
小さなロッドで耐え抜こう

もしもこれがもっと小さなロッドで運用していれば、そのままポジションを保有するという手もあったのです。そして、長く持っていれば利益が出ていました。

 

ハイレバレッジでも、一度に大きなロッドを掛けるべきではありません。むしろ小さなポジションを分割して数多く保有した方が良いのです。

 

先の失敗では2時間から3時間の間に限界までポジションを取っていますね。

 

これでは、あと少し価格が低下しただけで致命傷になってしまいます。


 

ハイレバレッジと言っても、無謀な取引をするべきではありません。

 

資金管理をおざなりにした瞬間に、損失を生み出してしまうのです。

500倍のレバレッジをどう活用するか?

500倍のレバレッジがあれば、一つのポジションを取るのに必要な資金の量は小さくなります。なので、短い時間に多くの通貨をかけるよりも、数日単位で小さなロッドを数多く仕掛けていく方が、勝率が安定するでしょう。

 

FXは、含み損に耐えるゲームと考えてもいいと思うよ。

 

だって、適切な売り買いのタイミングを見つけることは本当に難しいんだ。


 

だから、広めの損切り幅と分割エントリーの二つを組み合わせて利益を確保するのが良いと思うよ。

 

ちなみに損切り幅が狭いほど、勝てなくなるのがFXだよ〜

タイタンFX公式サイトリンク

page top