なぜFXで負けてしまうのか?

なぜFXで負けてしまうのか?

 

FXで負けてしまうのはなぜ?答えは簡単♪「下手な損切りをしてしまうから」なのです。

FXの世界においては、下手な損切りほど悪手は無いと言い切ってもよいくらいです。

 

でも、他のサイトや教科書には「損切りをきちんとしましょう」って書いてあるよ〜

 

 

その意味を考えてみると、「自分の想定と違ったら」という方向性で書いてあると思うよ。

 

特に逆張りでエントリーした時は、「間違った!」って感じたらすぐに損切しないと、大損しちゃうからね。

 

ねえねえ、逆張りってな〜に?

 

 

いきなり逆張りっていっても分からないか・・・

 

とりあえず下の画像を見てみましょうか

 

このグラフを見た感じ、右上がりに伸びてますよね?

この流れに沿って取引をすることを「順張り」と言います。つまり、みんなと同じことをすることを順張りと考えるといいかな?

 

そしてこのグラフの流れの反対方向に取引をすることを「逆張り」と言います。
「みんなが右肩上がりって考えるなら、私は左下がりの方向へ行きます!」って感じね〜

 

みんなと同じことをする「順張り」も、みんなと反対のことをする「逆張り」もFXにおいては立派な戦略です。ここはトレーダーの考え方によって変わるかな〜

 

逆張りの意味は何となく分かったけど、なんで逆張りの時は損切りが必要なの?

順張りだったらいらないの?

 

逆張りの場合、損切りしないと延々と含み損が拡大していく可能性があるからよ

 

グラフを見てもらおうかしら、例えば赤丸を付けたところで「ここから相場が下がる」と考えて、みんなと反対の売りをしたと仮定しましょう。

 

あなたの予想通りに価格が下がれば逆張りは成功なのだけど、もしも想定と違って下がらなかったら損失がどんどん膨らんでいくわね・・・

 

赤丸のところで売りに入れていたら、大損だ〜

逆張りって怖いな〜 やめておいた方がいいのかも

 

確かに下手なところで逆張りを仕掛けると・・・

 

でも、適切なところで計画的に行う逆張りは利益をもたらしてくれるから、あまり恐れすぎて一切逆張りをしないというのももったいないかな?

 

そういえば順張りだったら損切りしなくていいの?

 

そうね♪基本的に順張り戦略を考えているのなら、長い目でチャートと向き合うことになるから、固定PIPSでの損切りはしない方がいいんじゃないかな?

 

 

さっきのグラフでも、ところどころ相場が下がっているけど、長い目で見ると右肩上がりでしょ?

 

損切りばかりに意識が向いていると、こうした下げに反応して利益のチャンスを逃してしまいがちになってしまいがちですね〜

 

こうして考えてみると、多くの人や本で「損切りは大切で基本です」って言っているけど、本当のところはむやみに損切りをしない方が大切じゃないかな〜

 

 

特に固定PIPSでの損切りはかえって損しちゃうと思うよ。損切りを行うのは当初のエントリー根拠が崩れた時って考えた方が、成績が良くなるよ。

 

むしろ損切りよりも、適切な取引のタイミングの方がよっぽど大事だと思います。タイミングさえ間違わなければ、後はじっくり持ち続けるだけで負けないトレーダーになることができますよ♪

 

じっくり考えてから取引しないといけないね

もっとチャートが読めるようになりたいなー

 

じゃあ次回はチャートの見方についてにしましょう!

タイタンFX公式サイトリンク

page top